外国人が研修生として来日するビザ 在留資格とは

日本で技術・知識等を学ぶためのビザ

このビザ(在留資格)は、研修生が日本で、技術・知識等を習得して本国で役立てることを目的としたビザとなります。

そのため、原則として生産性がある実務研修はおこなうことができず、研修生は報酬を受け取ることができません。

なお、研修ビザと似ているビザとして技能実習ビザがありますが、こちらのビザは就労することが可能能です。

研修ビザで注意すべきこと

研修ビザは、いくつか注意しなければならず、勘違い、知らなかったでは、後々大変なことになる可能性があります。

  • 実務を伴う研修(運営に公共機関等が大きく関与している場合は除く)はできません。例えば、稼働して生産しているラインでは研修をできませんが、生産されていないラインで研修をおこなうことは、実務研修には該当しません。
  • 報酬を得ることができません。ただし、日本で生活するための「交通費」「食費」などを研修手当としてもらうことは可能です。
  • 研修ビザから他のビザに変更することは原則としてできません。本来の目的である「学んだ知識・技術を本国で役立てる」という趣旨に反するからです。
  • 研修期間は最長で2年となります。2年間学んで一旦帰国した後、再度日本で研修する場合は、個々の事情により許可・不許可が判断されます。

主な研修ビザの要件

公的機関が関与する場合は別ですが、基本的に主な要件は以下のとおりです。

  1. 研修生が18歳以上であること
  2. 研修生の宿泊施設があること
  3. 研修生の研修施設があること
  4. 常勤職員が研修生に教える技術等について5年以上の経験があること
  5. 帰国後に日本で学んだことが役立てる予定があること
  6. 研修計画が策定されていること
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする