外国人のエンジニアや事務職等の技人国ビザとは?

どのようなビザ(在留資格)なのか?

技術・人文知識・国際業務ビザ(技人国ビザ)は、いろいろな職業の外国人が該当するビザ(在留資格)のため、一見するとわかりずらいですが、分割して見ていくとわかりやすくなります。

このビザは名前のとおり、「技術」「人文知識」「国際業務」の3つに分類されます。

技術 自然科学(主に理系)の分野に属する知識を必要とする業務
人文知識 人文科学(主に文系)の分野に属する知識を必要とする業務
国際業務 外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務

つまり、大きくまとめると、『技術=主に理系の業務、人文知識=主に文系の業務、国際業務=外国人としての知識・発想が必要な業務』ということになります。

技術・人文知識・国際業務のビザに該当する外国人とは?

それでは、具体的に、技術・人文知識・国際業務のビザで、それぞれどのような業務が該当するかですが、例えば以下のような業務があります。

技術
  • システムエンジニア
  • コンピュータ・プログラマー
  • 機械の設計
  • 技術開発のプロジェクトマネージャー
  • システム解析、テクニカルサポート
人文知識
  • コンサルタント
  • マーケティング
  • 経理業務
  • 会計業務
  • 法務業務
  • 金融業務
国際業務
  • 民間学校の語学教師
  • 翻訳・通訳
  • 洋服・室内装飾のデザイナー
  • 貿易の取引業務
  • 商品開発

ビザを取得するための要件

ビザはいろいろありますが、ビザを取得するためにはいくつか要件があります。

以下は要件となるので、必ずご確認ください。

技術

1、次のイロハのいずれかに該当すること。ただし、法務大臣が告示をもって定める試験に合格又は資格を有しているときは不要。

イ、技術若しくは知識に関連する科目を専攻して大学を卒業し、又はこれと同等以上の教育を受けた場合。

ロ、技術又は知識に関連する科目を専攻して日本の専修学校の専門課程を修了(当該修了に関し法務大臣が告示をもって定める要件に該当する場合に限る)した場合。

ハ、10年以上の実務経験(大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後期課程又は専修学校の専門課程において当該技術又は知識に係る科目を専攻した期間を含む。)を有する場合。

2、日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

人文知識

1、次のイロハのいずれかに該当すること。

イ、技術若しくは知識に関連する科目を専攻して大学を卒業し、又はこれと同等以上の教育を受けた場合。

ロ、技術又は知識に関連する科目を専攻して日本の専修学校の専門課程を修了(当該修了に関し法務大臣が告示をもって定める要件に該当する場合に限る)した場合。

ハ、10年以上の実務経験(大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後期課程又は専修学校の専門課程において当該技術又は知識に係る科目を専攻した期間を含む。)を有する場合。

2、日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

国際業務

1、次のイロのいずれにも該当していること。

イ、翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務に従事すること。

ロ、従事しようとする業務に関連する業務について3年以上の実務経験を有すること。ただし、大学を卒業した者が翻訳、通訳又は語学の指導に係る業務に従事する場合は不要。

2、日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

会社で外国人の雇用を考えた場合、まず、雇用する外国人にどのような仕事を任せたいかを社内で決定し、それが「技術」「人文知識」「国際業務」のいずれかに該当するかを確認します。

そして、ビザを取得するための要件を確認して問題がなければ、入国管理局に申請するための書類の作成や収集に問題がないかを検討することになります。

人文知識と国際業務の関係

人文知識と国際業務は重複しており、外国人がどちらの要件も満たしている場合があります。

例えば、通訳業務をおこなう会社に就職する場合で、外国人が本国の大学で語学の科目を専攻して卒業しており、日本語学校に留学生として来日している場合です。

どちらの要件も満たしている場合は、どちらでもよいと思われるかもしれませんが、将来的に、高度専門職ビザを取得することを考えている場合には注意が必要です。

人文知識の場合であれば高度専門職ビザを取得できる可能性がありますが、国際業務の場合は、高度専門職ビザを取得することができません。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。