外国人雇用状況の届出書について

外国人を雇用したらハローワークへ外国人雇用状況の届出手続きを

平成19年10月から、外国人を雇用した場合は原則として外国人雇用状況の届出が必要となりました。

外国人雇用状況の届出手続きは、外国人を社員として雇用した場合だけでなく、アルバイトとして雇用した場合にも必要です。 届出を怠ると、雇用対策法違反に対する罰則として、30万円以下の罰金に処せられます。

ただし、ビザ(在留資格)が外交、公用、特別永住者の場合は、外国人雇用状況の届出は不要なので、雇用を考えている外国人の在留カードで確認します。

外国人雇用状況の届出方法

外国人雇用状況の届出は、雇用する外国人が雇用保険に加入するかどうかで手続きの書類が異なります。

雇用保険に加入する場合

大項目 中項目
届出書類 雇用保険被保険者資格取得届
主な届出内容
  1. 労働者(外国人)の氏名
  2. 在留資格
  3. 在留期間
  4. 生年月日
  5. 性別
  6. 国籍や地域
  7. 資格外活動許可の有無
  8. 就労する事業所名・事業所番号等
届出先・提出期限
  • 外国人の雇用保険手続きを行っている事業所を管轄するハローワーク
  • 提出期限は雇入れ日の属する月の翌月10日まで。電子申請による届出も可能

届出の内容1~6までは、外国人が携帯している在留カードの表面(住所は裏面の場合もあります)に記載されています。

7については、裏面の一番下の「資格外活動許可欄」を確認します。

資格外活動許可欄に、「許可:原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く」というスタンプが押されている場合は、資格外活動許可を取得しています。

スタンプがない場合は資格外活動許可を取得していません。

雇用保険に加入しない場合

  概要
届出書類 外国人雇用状況届出書
主な届出の内容
  1. 労働者(外国人)の氏名
  2. 在留資格
  3. 在留期間
  4. 生年月日
  5. 性別
  6. 国籍や地域
  7. 資格外活動許可の有無
  8. 雇入れ年月日
  9. 就労する事業所名・事業所番号等
届出先・提出期限
  • 外国人が稼働する事務所を管轄するハローワーク
  • 提出期限は、雇用・退職の場合ともに翌月の末日まで。電子申請による届出も可能

届出の内容1~6までは、外国人が携帯している在留カードの表面に記載されています。

7については、裏面の一番下の「資格外活動許可欄」を確認します。 資格外活動許可欄に、「許可:原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く」というスタンプが押されている場合は、資格外活動許可を取得しています。

スタンプがない場合は資格外活動許可を取得していません。

なお、「雇用したけどすぐに退職してしまった」というような場合は、雇用したときに提出する届出と退職したときに提出する届出をいっしょに提出しても大丈夫です。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。