外国人連れ子や離婚者等が取得する定住者ビザについて

定住者ビザとは?

定住者というビザ(在留資格)は、法務大臣が特別な理由を考慮して日本で生活できるようにするためのビザとなります。

この定住者ビザは、告示されてこのビザに該当する外国人を定めている場合と、告示されていないけど、特別な理由を考慮している場合があります。

定住者ビザは就労制限がないため、日本人同様どのような仕事でもおこなうことができ、働く時間の制限もありません。

定住者ビザに該当する主な外国人

告示・告示外に関わらず、該当して要件を満たせば定住者ビザを取得することができます。

●告示されている外国人

番号 告示概要 該当者例
1号 タイ国内において一時的に庇護されている一定のミャンマー難民  
1号 マレーシア国内に一時滞在している一定のミャンマー難民  
3号 日本人の子として出生した者の実子であって素行が善良である者
  • 日系2世
  • 日系3世
4号 日本人の子として出生した者で、かつて日本人として本籍を有したことがあるものの実子の実子であって素行が善良である者
  • 日系3世
5号イ 日本人の配偶者等のビザ(配偶者ビザ)をもって在留する者で、日本人の子として出生したものの配偶者 日系2世の配偶者
5号ロ 3号、4号以外の1年以上の在留期間を指定されている定住者ビザをもって在留する者の配偶者 3号、4号以外の定住者の配偶者
5号ハ 3号、4号の1年以上の在留期間を指定されている定住者ビザをもって在留する者の配偶者であって素行が善良である者 3号、4号の定住者の配偶者
6号イ 日本人、特別永住者、永住者の在留資格をもって在留する者の扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子 帰化した外国人、特別永住者などの実子
6号ロ 3号、4号、5号ハ以外の1年以上の在留期間を指定されている定住者ビザをもって在留する者の扶養を受けて生活する者の未成年で未婚の実子 3号、4号、5号ハ以外の定住者の実子
6号ハ 3号、4号、5号ハの1年以上の在留期間を指定されている定住者ビザをもって在留する者の扶養を受けて生活する者の未成年で未婚の実子であって素行が善良であるもの 3号、4号、5号ハの定住者の実子
6号二 日本人、特別永住者、永住者ビザをもって在留する者、1年以上の在留期間を指定されている定住者ビザをもって在留する者の配偶者で、日本人の配偶者等又は永住者の配偶者等のビザをもって在留する者の扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子

・日本人と結婚して日本人の配偶者等のビザを取得した配偶者の実子(連れ子)

・永住者と結婚して永住者の配偶者等のビザを取得した配偶者の実子(連れ子)

7号 日本人、特別永住者、永住者ビザをもって在留する者、1年以上の在留期間を指定されている定住者ビザをもって在留する者の、扶養を受けて生活するこれらの者の6歳未満の養子 日本人と養子縁組をした6歳未満の養子
8号 中国残留邦人に係ること等  

●告示されていない外国人

定住者ビザの要件等

定住者ビザを取得するための要件は、それぞれどのような理由で定住者ビザを取得するかによって異なります。

そのため、まずは、どのような理由で定住者ビザを取得するのかを検討する必要があります。

また、要件が異なれば必要書類もことなるのでが、書類については法務省のホームページに記載されている場合があります。

ただし、記載されている書類は必要最低限の書類であることはご留意ください。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする