外国人を雇用するための募集方法はどうすればよいのか?

外国人の募集方法

外国人を採用しようと思っても、当然のことながら何かしらの方法により外国人に自社を知ってもらわなければ採用できません。

外国人の募集方法はいろいろとありますが、ここでは、主な募集方法を記載します。

なお、外国人を雇用する場合、自社で働くことができるビザ(在留資格)を外国人が取得していなければ雇用できないことには注意が必要です。

そのため、「雇用したい外国人が雇用できるビザを持っている」「雇用したい外国人が雇用できるビザを取得できる」ということがとても大切となります。

1、ハローワーク(公共職業安定所)

民間ではなく国が運営している事業所です。求職者だけでなく企業側の利用も無料となっており、気軽に求人募集をすることができるのが大きな特徴となります。

ただし無料なので、自社に見合った外国人を探そうと思うと、簡単には見つからない可能性があります。

2、大学や専門学校への訪問ガイダンス

自社で必要としている業務に関連する大学や専門学校に訪問して、キャリアセンターとよい関係を築きましょう。

企業の告知、合同企業説明会等により自社に合った学生を取得できる可能性があり、大学との関係の構築には時間が掛かりますが、それに見合った効果が期待できます。

個別に教授や先生等と仲良くなっているといろいろな情報が聞けるので、さらに良い人材を取得できる可能性が上がります。

3、会社で働いている外国人の紹介

会社で働いている外国人に声を掛けてみましょう。

異国の地で住むことは誰でも不安であり相談相手を作りたいものです。

そのため、日本に住んでいる外国人同士がネットワークを持っていることがあり、外国人の紹介だけでなくいろいろな情報を聞くことができる可能性があります。

4、人材紹介会社の紹介

人材紹介会社に登録すれば、エージェントが外国人と企業の橋渡しをしてくれるので、自社の希望に沿った外国人を探してくれるというものです。

自社が求めている人材をエージェントが探してくれるのは魅力的で便利な反面、登録は基本的に無料ですが成功報酬としてある程度の費用を会社が支払わなければなりません。

なお、自社の利益のために、多少無理してでも外国人と企業のマッチングを成立させる人材紹介会社があることに注意が必要です。

6、人材派遣会社からの派遣

人材派遣は、直接の雇用主は人材派遣会社となり、働き先は派遣先企業となります。

人材紹介会社と同様、優秀な外国人を雇用できる可能性がありますが、契約が締結した後に報酬を支払わなければなりません(登録は基本的に無料です)。

こちらも人材派遣会社と同じように、自社の利益のために、外国人を紹介していることがあるので注意が必要です。

6、転職サイト

転職サイトへの登録はハローワークのように無料ではなく有料となっており、費用の掛け方によって広告の規模や内容が異なっていますが、ハローワークよりも優秀な神座を確保できる可能性があります。

外国人側からしてみれば、無料で企業が求人募集ができるため、ブラック企業、経営状態が悪い企業等もいると思われるためです。

そのため、優秀な人材ほどハローワークより転職サイトを利用する傾向があります。

7、新聞紙や雑誌等の公告

日本で販売されている新聞紙、雑誌、地域情報誌で求人広告を掲載します。

新聞紙や雑誌等は、日本語の新聞紙だけでなく外国語の新聞紙や広告雑誌もありますが、外国語の新聞紙や雑誌等から募集は日本語があまり話せないことがあるので、日本語を話せる外国人を求めている場合には難しいかもしれません。

これらは、アルバイトを探している場合にはよいかもしれませんが、正社員で一定のレベルを求めている場合は苦労すると思われます。

8、外国人雇用サービスセンター

東京、大阪、名古屋、福岡の4都市にあり、外国人雇用サービスセンターは、国が管轄している事業所となっており費用は無料です。

求人募集は基本的にハローワークとなっていますが、留学生対象の就職面接会やインターンシップの案内等をおこなっています。

外国人雇用サービスセンターのよいところは、求人だけでなく、外国人を雇用するための一般的なことも教えてくれることではないでしょうか。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする