外国人の留学生を採用するまでの流れを解説します

日本で留学生を採用したい

人材不足やグローバル化を求める会社が増え、それに伴い、日本で生活する外国人が増加して留学生が日本で就職することも増えてきました。

留学生は外国人であり日本とは文化が異なります。

失敗しない外国人雇用のためにも、まずは以下をご覧ください。

まず覚えておきたいこと

まず、外国人を雇用するにあたり、外国人に係る法律について知っておく必要があります。

留学生を採用した結果、法令違反となってしまっては元も子もありません。

外国人を採用する場合、労働関係法令(最低賃金法、労働基準法、労働者災害保証保険等)は日本人と同様に適用され、基本的に日本人を採用した場合と同様となります。

留学生を採用する際、特に気を付けなければならないのは入管法(出入国管理及び難民認定法)であり、採用後に会社でおこなう仕事ができる就労可能なビザ(在留資格)を留学生が取得していなければ雇用することはできません。

留学生を採用するまでの流れ

外国人を採用するまでの一連の流れは以下のようになります。

  1. 採用したい外国人の概要を決定
  2. 留学生の求人募集
  3. 面接
  4. 合否の判定
  5. 雇用契約の締結
  6. 社内規則等の説明
  7. 入国管理局でビザの手続き
  8. 入社

1、採用する外国人の概要の決定

留学生の採用に限らず、日本人を採用する場合にも「どのような人材を会社は求めるのか」は決定すると思いますが、それと同様です。ただし、外国と日本では文化が異なるので、「日本語能力」「食べられない食材」「長期休暇」など、仕事内容によっては支障をきたす場合があることに注意が必要です。

2、留学生の求人募集方法

外国人の募集方法として、「ハローワーク(公共職業安定所)」「大学や専門学校への訪問ガイダンス」「会社で働いている外国人の友人の紹介」「人材派遣会社の紹介」「インターネット」等があります。

3、面接

まず絶対に確認することは「留学生の現在持っているビザが、会社で雇用できるビザなのか」を確認することです。そして、「雇用できないビザの場合、自社で雇用できるビザに変更するための要件を外国人がクリアーしているのか」です。会社で働くことができないようであれば雇用は不可能なので、面接や履歴書で確認しなければなりません。そのうえで、決定している「採用する外国人の概要」を確認しながら、面接で外国人の人柄や仕事に対する意欲等を見定めます。

4、合否の判定

「自社で働くことができるビザを持っていない場合」「自社で働くことができるビザに変更できない場合」は、採用しても働くことができないので、採用は見送ることになります。留学ビザでアルバイトをする場合、資格外活動許可があれば、時間制限等がありますが基本的に雇用可能です。社員として雇用する場合、留学ビザでは雇用できないのでビザの変更をすることになります。

5、雇用契約の締結

労働条件通知書だけでなく、後々のトラブルとならないためにも、雇用契約書の作成をしたほうがよいです。書面は、外国人の理解できる言語で作成することが望ましいです。なお、国籍による差別は労働基準法により禁止されているので、外国人という理由で差別することは許されません。

6、社内規則等の説明

外国と日本では文化が異なるので、当たり前と思っていた考え方が外国人にとっては当たり前でないことがあります。そのため、トラブル回避のためにも会社の注意事項等は働く前に教えておきましょう。

7、入国管理局でビザの手続き

自社で採用可能なビザであれば、基本的にビザの手続きは不要ですが、雇用できないビザであれば入国管理局で手続きが必要となります。留学生は基本的に留学ビザなので、社員として採用する場合にはビザ変更のため、在留資格変更許可申請をおこなうことになります。なお、ビザは申請すればすぐに許可・不許可の結果がわかるものではありません。そのため、入社予定日まで余裕をもって申請しましょう。

8、入社

働くことができるビザを取得したら、外国人は働くことができるようになります。

採用後の注意点

採用後は、外国人が働きやすい環境づくりに気を配る必要があります。

何度もお伝えしていますが、日本と外国では文化が異なるので、日本人を採用した場合では考えられないことも起こり得ます。

そのため、日本人以上にコミュニケーションを取り、外国人のことを理解する必要があります。

また、永住者ビザ以外はすべて在留期間がありビザの更新をおこなわなければなりません。

この在留期間を1日でも超えてしまうと不法滞在となってしまうので、ビザについて会社は外国人にすべて任せず、ビザの更新手続きについて知っておくべきです。

不法滞在になっているような場合で働いていると、外国人のみならず、会社にも罰則があります。

外国人を採用することは簡単なことではありませんが、うまく採用できれば、「人材不足の解消」「外国人の新たな発想」「社内改革」など、会社にとって有益となることは沢山あり、会社の飛躍にも繋がります。

ビザのご相談のご予約電話
電話番号
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする