外国人を雇用するメリットとデメリットとは

外国人雇用のメリット・デメリットを知っておく

最近では、就労で来日している外国人が増加していますが、外国人を雇用している会社はどのような理由で雇用しているのでしょうか? そこにはメリット・デメリットが必ずあるのですが、これから外国人の雇用を考えている人は以下を参考してください。

外国人雇用のメリット

1.人材不足の解消

日本では少子化が進み、優秀な人材のみならず、一般的な人材でさえ確保することが困難となってきました。

しかし、外国に目を向けてみると人材は溢れており、外国人を雇用すれば人材不足を解消できます。

今よりも将来のほうが人材不足はより深刻となるため、今から優秀な人材は確保しておき、将来の会社に役に立つ人材を早めに採用している会社も見受けられます。

2.商談等を滑らかにする

もし、自分が外国人だらけの場所で商談相手の中に日本人がいたらどう思いますか?親近感が湧いてうれしくなりませんか? 商談や打合せ等で自国の人がいるとうれしいのは誰でも同じです。

また、外国との繋がりを作ろうと思っている会社にとっては、その国の文化を知っている外国人がいれば、日本人では気付かない礼儀作法・慣習等を理解したうえで自社をアプローチできるのは大きなことです。

3.異なる文化による新しい発想

日本と外国では文化が異なるため、育つ過程で身に付いた物事の考え方や感性等が異なります。

そのため、日本人同士では思いもつかなかった発想がでることがあり、それが新たなビジネスチャンスの足がかりとなったり新商品を生み出すヒントになることがあります。

4.職場の環境を改善できる

社内に新たな風を入れることにより、日本人従業員の意識が高まり会社の雰囲気を変えることができます。

外国人は自己主張が日本人より強い傾向があるため意見が言いやすい環境になったり、自国で働くのではなくわざわざ日本に来てまで働きたいと思っているので労働意欲が高く、日本人従業員がそれに引っ張られてやる気が向上します。

日本人社員が刺激され、モチベーションや職場の雰囲気が変化します。

外国人雇用のデメリット

1.文化が異なることによる衝突

文化が異なることはメリットになる一方、デメリットにもなります。

例えば、日本の文化では「空気を読め」という場の雰囲気を推察すること、「ええ、まぁ」というような曖昧な返事で濁すことは、外国人には簡単に理解できないことでありストレスになるので、コミュニケーションの取り方が大切になります。

また、宗教による戒律や雇用する外国人本国独自の文化もあるので、これらを理解しておく必要があります。

2.社内体制の構築が必要になる 外国人を雇用する場合、外国人と日本人の双方が円滑に働ける環境を作らなければなりません。

そのためには、日本人従業員への説明、マニュアル等の書類を外国語に変更したり業務を教える人のコミュニケーション能力を向上するなどの、社内で外国人が働ける環境作りが必要です。

3.ビザ(在留資格)が必要になる

日本人を雇用する場合と異なり、外国人を雇用する場合には自社で働くことができるビザを雇用しようと考えている外国人が取得していなければなりません。

最初から自社で就労が可能なビザを持っていればよいのですが、持っていない場合は、ビザの要件を調べて取得できるか検討し、入国管理局でビザを取得しなければならず、手間と時間が掛かります。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。