就労ビザで働く外国人の家族のビザ 在留資格は?

就労ビザで働く家族のビザについて

日本では、働くことを目的として来日している外国人が数多く存在します。

働くことを目的として取得するビザ(在留資格)には就労ビザがありますが、この外国人が結婚した配偶者や子どもといっしょに日本で生活したいと思うことは当然にあり得る話です。

そのような場合、「家族滞在」というビザを取得すれば日本で生活することができます。

家族滞在ビザを取得するための注意点

  • 就労ビザを取得している外国人、家族滞在ビザを取得する配偶者の両親や孫は家族滞在ビザに該当しません。
  • 養子でない連れ子は家族滞在ビザに該当しません。
  • 認知された非嫡出子の場合は家族滞在ビザに該当します。
  • 同性婚の場合は家族滞在ビザに該当しません。
  • 内縁の配偶者は結婚していないので家族滞在ビザに該当しません。

家族滞在ビザの主な要件

  • 家族滞在ビザを取得するのが、就労ビザを取得している外国人の「配偶者」「子ども(養子を含む)」であること。
  • 配偶者及び子どもは、就労ビザを取得している外国人に扶養(経済的に独立して生計を営めない者の生活を他者が援助している)されていること。
  • 家族が日本で生活してけるだけの給料や預貯金があること。
  • 原則として税金の滞納がないこと。

同性婚を理由とする特定活動のビザとは

世界では同性婚を認めている国がありますが、日本では同性婚は認められていないので、家族滞在ビザには該当しません。

そのため、短期滞在ビザで来日後にビザを変更して、「特定活動のビザ」を取得することになります。

なお、このビザを取得するためには、夫婦それぞれの国で同性婚をして、国から結婚証明書を取得する必要があります。

そのため、夫婦一方の国でのみしか同性婚ができない場合、このビザを取得することができません。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。