短期滞在ビザから他のビザに変更できるのか?

入国管理局でビザの変更手続き

結論から言うと、短期滞在ビザから他のビザに変更する場合は、特別な理由がない限り、原則として認めていません。

この特別な理由については、入国管理局と話し合いながら確認する必要があります。

では、短期滞在ビザから他のビザに変更できないのかと聞かれると、答えはNOです。

直接ビザの変更をおこなうことはできませんが、間接的にビザの変更である在留資格変更許可申請ではなく、在留資格認定証明書交付申請をおこなうことができます。

在留資格認定証明書交付申請からビザの変更

在留資格認定証明書交付申請とは、日本で中長期滞在を目的として生活するために招へいするための手続きです。

この手続きが認められれば、在留資格認定証明書が郵送されるのですが、この在留資格認定証明書があれば、短期滞在ビザからビザの変更が可能です。

つまり、直接ビザの変更をするのではなく、間接的にビザの変更をおこなうことはできるのです。

このような方法で短期滞在ビザから他のビザに変更できるのは、「わざわざビザを取得するために一度帰国するのは可哀想」というような、入国管理局の恩情です。

短期滞在ビザからの変更手続きの注意点

短期滞在ビザは、90日、30日又は15日の在留期間がありますが、在留資格認定証明書を使用してビザの変更ができるのは、90日の在留期間を取得している場合です。

30日、15日の在留期間ではビザの変更は原則として認めれていません。

また、在留資格認定証明書が発行された日にち以降に短期滞在ビザで日本に来た場合は、たとえ90日の在留期間があったとしても、ビザの変更を入国管理局でおこなえません。

在留資格認定証明書交付申請は在留資格変更許可申請のように、申請が受理されると在留期間が延長されるようなことはありません。

そのため、短期滞在ビザの在留期間満了日を経過してしまう前に在留資格認定証明書交付申請の結果が出ない場合、一度帰国しないとオーバーステイとなってしまうことにも注意が必要です。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
ビザのご相談のご予約メール
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする